2020-21年度活動報告(2021/06/30)

2020-21年度活動報告

【アート・オブ・ザ・ラフダイヤモンズ】

・本年度DG事業として予定していた最重要奉仕活動である障がい者アート展(東京愛宕アート・オブ・ザ・ラフダイヤモンズ2020)を補助金に頼らない事業に再構築する必要に迫られ、7月7日に関係者を集めて夜例会(初例会)を開催。クラブ内外の協力体制を固めました。

・最大500名収容可能な会場をセガサミーホールディングス様より無償で提供して頂き、レセプションを開催いたしました

・感染予防の見地からゲストを150名に限定したため、オンラインでもアート作品を鑑賞・購入できるVR美術館を用意。

・結果、1,320,000円の売上を障がい者アーティストに還元するとともに、VR美術館などコロナ禍に対応した活動内容が評価され、日本のロータリー100年賞を授与されました。

 

 

 

【愛宕創業支援塾ビジネスプランコンテスト本選】

・2019-20年度のDG事業であった愛宕創業支援塾ビジネスプランコンテスト本選の延期により、コロナ禍でも開催可能なプログラムにすべく、以下の変

更をいたしました

・本選プレゼンを例会卓話枠で毎週1組ずつ行い録画

・本選を完全オンラインで開催

・VR会場を用意

多くのクラブが奉仕活動を中止するなか、VRなどの新しい技術を使い奉仕活動を行ったことが評価されガバナー賞を授与されました。また、職業奉仕の好例としてロータリーボイスに掲載されました。

2020-21年度活動報告
2020-21年度活動報告